生本たらばがに、生の肩脚を楽しむ




普通たらばがにというと、焼きたらばがにが有名です。

たらばがにを鍋料理で召し上がる方法もありますが、鍋料理の場合、ズワイガニが有名です。

焼きたらばがにの場合、普通は多くが冷凍処理されたものが大半です。

冷凍されたものより、生のたらばがにの方が美味しいのは当然ですが、特に生本たらばがには格別です。

特に肩と脚には身が多く、食べやすい部位になります。

また、焼く場合は、網焼きがベストなのですがない場合は鉄板でも可能です。

注意したいのが、焼きすぎないことです。焼きすぎると身がパサパサになってしまい、せっかくのたらばがにが台無しです。

上手に焼けると、生本たらばがに特有のなんとも言えない甘みを楽しめます。

焼く前に、少しボイルすると殻と身が離れやすくなるため、食べやすく便利です。

またカニ料理のなかでも、生本たらばがにの肩脚の、焼きガニは最高に贅沢な食べ方です。

そして、生本たらばがにの楽しみのもう一つの食べ方はしゃぶしゃぶではないでしょうか。

生ならではの甘みを楽しむことができます。しゃぶしゃぶでサッと湯をくぐらせるくらいが美味しいです。

また、生かボイルかの見分け方は、生ですと殻が濃い茶色ですがボイルの場合はオレンジ色になります。

生本たらばがには、丸ごとのたらばがにですと豪華に見えますが調理が大変です。

それにくらべ、肩脚の場合調理も簡単に出来ますし身も多いため便利です。

カニを召し上がるなら、調理が簡単で身が多くある肩脚がお勧めです。

特大 生本たらばがに半むき身セット 約1kg

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ