生の本ずわいのかにしゃぶ脚肉むき身について




日本人はカニが大好きであり、なにかお祝い事や慰安などで食べることが多いのです。

わざわざカニを食べるためだけに旅行などツアーが組まれ、多くの人が冬場に美味しいカニを求めて日本国中を大移動するのです。

12月から2月はカニの旬の時期とも言われ、甘みがつよく身が詰まって非常に美味しいのです。

しかし生の本ずわい蟹は非常に高価であり、こうした物を食べるツアーに参加することを検討すると一人5万円の旅費は考えておかなければいけません。

しかし誰もがこうした生の本ずわいがにを食べにツアーに参加できるものではありません。

そこで自宅で手頃に生の本ずわいがにを食べることをお勧めします。

自宅で食べるのであれば、ネットショッピングやテレビショッピングで販売されているかにしゃぶ脚肉むき身セットがおすすめです。

殻をむきしんどい思いをする必要もなく、かにしゃぶ脚肉むき身であればそのまま生で醤油をつけ刺身として食べることもできます。

また鍋に昆布を浮かべそこにかにしゃぶ脚肉むき身を湯通しすると、うまみがギュッと凝縮され口の中で甘みを存分に楽しむことができるのです。

かにしゃぶ脚肉むき身であると、皆が必死になって殻をむく必要がなく会話がなくなり無言になることはありません。これを自宅での忘年会や新年会に用いるのもお勧めなのです。

生ではなくアラスカ産の冷凍のかにしゃぶ脚肉むき身セットであればさらにリーズナブルに手軽にかにすきなどを楽しむことができるのです。

生本ずわい半むき身満足セット 約4kg


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ