滅多に食べられない松葉ガニも珍しい水ガニも…。

北海道毛ガニならではの、最高品質のリッチなカニ味噌こそうまさの秘訣。過酷な寒さがあって味が格段によくなります。北海道より新鮮・激安を原産地から宅配というなら通販がベストです。

国内で売られるタラバガニの多方はロシア原産であり、概してオホーツク海などに生きており、北国の稚内港に着港してから、その場所から色々な所へ輸送されて行くことになります。

少し前から、カニ愛好家の間で張りのある肉質が自慢の「花咲ガニ」がマークされています。8割前後の花咲ガニが獲れることで有名な北海道の根室まで出向いて、話題の花咲ガニを食べに行こうという周遊旅行への参加者を募集しているほどです。

北海道で水揚げされている毛ガニは、国外産の品と比べてみると風味が抜群で後悔することは皆無でしょう。値段は高いですが、久し振りにお取り寄せするのなら、味がたまらない毛ガニを口にしたいと思ってしまうでしょう。

短い脚、ごつい体に旨味のある身がぎっしりと入っている濃厚な花咲ガニ、その食べ応えは格別です。希少性の高いカニなので、通販でお取り寄せする折は、花咲ガニ以外を注文するより高価格です。

花咲ガニの特徴として比べるものがないほど絶対数が極少のため、獲れる時期は短期間、7月〜9月頃までとなっており、そのことから、一番美味しい時期も、たったのひと月ほど(9月から10月)と短期に限られています。

北海道で有名なズワイガニは、雄と雌で寸法が違っており、雌は大体常時卵を包んでいるから、水揚げをしている拠点では、雄と雌を別々の物という事で陳列しているわけです。

かにときたら、甲羅が丈夫で手応えのある身のものが分別するための大切な点。湯がいても美味しいが、スパイスを効かせて焼いたりしても何とも言えない。身にコクがあるので、冬に味わいたくなる味噌鍋に最高です。

滅多に食べられない松葉ガニも珍しい水ガニも、2つ共ズワイガニのオスとなっています。とはいえ、同じ様な甲羅のボリュームでも松葉ガニの料金は高いのに、水ガニは比べてみても安く手に入ります。

身がたくさん詰まったかにを頂く際は「湯がくだけ」がベストだと思います。心なしか食べる事に苦労しますが、美味な味噌や身は、その他の上質な蟹に劣らぬ奥深い味を間違いなく持っています。

見るとタラバガニとあまり違いのない花咲ガニ、少し体躯は小型で、花咲ガニの身を口に入れると濃厚で海老のようなコクを感じます。内子、外子という卵の部分は珍しくとりわけ美味です。

甘い身が繊細でとても柔らかい本ズワイガニは、水揚産地から直送の通信販売でかにをオーダーしてください。通販から本ズワイガニを購入すると、ほとんどの場合差があるのがちゃんとわかることなのです。

カニとしては思っているほど大きくない品種で、中身の密度もわずかに少ないのが毛ガニのマイナス面ではありますが、身は旨みが伝わってくる味で、カニみそもリッチで「カニにうるさい人」が推奨しているのだと聞いています。

オンラインの通販でも1、2を争う旬のズワイガニとタラバガニ。両方食べたいからチョイスできない。そうした悩んでしまう方には、セットになったいいものを選ぶといいでしょう。

到着後さっそくテーブルに出せるように処理された品もある事もまた、やはりタラバガニを通信販売でお取寄せするいい部分だといわれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ