景色の良い九州のカニと言えるのはかに…。

鍋料理に最適な松葉ガニも味噌があまり入っていない水ガニも、二つともズワイガニのオスだということです。だからといって、同一の甲羅寸法でも松葉ガニの店頭価格は高いのに、水ガニは割と安く手に入ります。

かには、様々な料理として食べることが見込めるのです。焼ガニや蒸しガニとして楽しんだり、ジューシーな素揚げや味噌鍋も一押しです。

ズワイガニとは、水深300m近くの深海に存在し、ふぐ料理が有名な山口県からカナダの近くまで方々で漁ができる、がたいが大きく食べた時の充実感のある口に出来るカニに違いありません。

もし、ひとたび獲れたての花咲ガニを召し上がってみたら、蟹の中でも最上級の食べ応えのあるその味の虜になることはごく当たり前かもしれません。だから、好物が多くなるのですね。

花咲ガニが特異なのには、根室半島(花咲半島)で充分に息づく主食となる昆布がその理由です。昆布を食して成長する花咲ガニというのは、濃厚な味をこれでもかと身につけているのです。

景色の良い九州のカニと言えるのはかに。身がある脚の部分はつめに限られてしまいますが、その代り、甲羅の内側は贅沢感で溢れています。もう見逃すことが出来ない堪能できそうな中身で構成されています。

カニの王者タラバガニが尻尾を巻くボリューム感と、タラバガニ以上のコク深い食感を追及する方に一番試してもらいたいのが、北海道の根室が産地の花咲ガニというカニです。

お正月の楽しい風情に鮮やかさを増す鍋料理を用意するつもりならば、毛ガニを取り入れてみてはいかがですか?ありふれた鍋も旨い毛ガニを入れると、突然にボリュームのある鍋になるだろうと思います。

頂いてみると非常に旨いかにの季節は、水温が低落してしまう晩秋から陽春にかけてだそうです。この時節のメスは取り分けて、味わいが深いので、お歳暮などの贈り物に役立てられます。

このところ、カニ愛好家の間で「花咲ガニ」という蟹の需要が高まっています。全体の約80%の花咲ガニを水揚する北海道、根室まで、新鮮な花咲ガニを満喫しちゃおうというツアー企画も結構見られるほどです。

毛ガニであればやっぱり北海道です。産地直送してくれるおいしい毛ガニを、通販を利用して購入し、食するのが、この時節には欠かせないという人もたくさんいるのはほぼ確実でしょう。

茹でられたものを食べるつもりなら、自身が茹でるより、ボイルされたものを販売者側が、一気に冷凍処理した売り物の方が、確かなタラバガニのコクのある旨みを感じるでしょう。

簡単に言えば殻は柔らかく、取扱いが簡単なのも喜ばしいポイント。旬のかにを見た際は、どうしても蒸すとか茹でるとかして口に運んでみるのはどうですか?

脚は短く、いかつい体に旨味のある身がぎっしりと入っている特徴のある花咲ガニは食いでがあります。その希少性から、通販でお取り寄せする場合は、花咲ガニではないものの価格より高価です。

日本人がたくさん食べている本ズワイガニの方が、かなりジューシーな上にデリケートで、甘味が強い大ズワイガニの方は、特徴ある淡白な身が堂々としているので、満腹になるまで味わうには高評価となっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ